トップに戻る


( 滋賀県で大切にすべき野生生物)
滋賀県レッドデータブック

  鳥 類(抜粋)

カテゴリーおよび基本的基準

種 名

2000年版

2005年版

2010年版

(1)絶滅危惧種
●県内において絶滅の危機に瀕している種(亜種・変種を含む。以下同じ)

 もしも現在の状態をもたらした圧迫要因が引き続き作用するならば、その存続は困難な種。



●2010年版の赤字種は滋賀県の「指定希少野生動植物種」に選定されている鳥類。(2014年1月1日現在)
サンカノゴイ サンカノゴイ サンカノゴイ
クマタカ クマタカ ヨシゴイ
イヌワシ イヌワシ クマタカ
コノハズク コノハズク イヌワシ
オオコノハズク オオコノハズク コミミズク
ブッポウソウ ブッポウソウ コノハズク
- - オオコノハズク
- - ヤマセミ
- -  ブッポウソウ
(6種) (6種) (9種)
(2)絶滅危機増大種
●県内において絶滅の危機が増大している種

 もしも現在の状態をもたらした圧迫要員が引き続き作用するならば、近い将来、絶滅危惧種のカテゴリーに移行することが確実と考えられる種。
ヨシゴイ ヨシゴイ ミゾゴイ
ミゾゴイ ミゾゴイ マガン
マガン マガン ヒシクイ(亜種オオヒシクイ)
ヒシクイ(亜種オオヒシクイ) ヒシクイ(亜種オオヒシクイ) ハチクマ
ミサゴ ミサゴ オジロワシ
ハチクマ ハチクマ オオワシ
オオワシ オジロワシ チュウヒ
オオタカ オオワシ ハヤブサ
チュウヒ オオタカ クイナ
ハイイロチュウヒ チュウヒ ヒクイナ
ハヤブサ ハヤブサ トラフズク
クイナ クイナ ヨタカ
ヒクイナ ヒクイナ -
トラフズク トラフズク -
コミミズク コミミズク -
ヨタカ ヨタカ -
ヤマセミ ヤマセミ -
(17種) (17種) (12種)
(3)希少種
●県内において存続基盤が脆弱な種

 現在のところ絶滅危惧種にも絶滅危惧増大種にも該当しないが、生息・生育条件の変化によって容易にこれらのカテゴリーに移行するような脆弱性を有する種。
カンムリカイツブリ カイツブリ カイツブリ
ササゴイ カンムリカイツブリ カンムリカイツブリ
チュウサギ ササゴイ ササゴイ
オオハクチョウ チュウサギ チュウサギ
コハクチョウ オオハクチョウ オオハクチョウ
ツクシガモ コハクチョウ コハクチョウ
オシドリ ツクシガモ オシドリ
トモエガモ オシドリ トモエガモ
ヨシガモ トモエガモ ヨシガモ
アメリカヒドリ ヨシガモ アメリカヒドリ
シマアジ アメリカヒドリ シマアジ
ホオジロガモ シマアジ ホオジロガモ
ミコアイサ ホオジロガモ ミコアイサ
ウミアイサ ミコアイサ ウミアイサ
カワアイサ ウミアイサ カワアイサ
オジロワシ コウライアイサ ミサゴ
ツミ カワアイサ オオタカ
ハイタカ ツミ ツミ
ノスリ ハイタカ ハイタカ
サシバ ノスリ ノスリ
チゴハヤブサ サシバ サシバ
コチョウゲンボウ ハイイロチュウヒ ハイイロチュウヒ
チョウゲンボウ チゴハヤブサ コチョウゲンボウ
バン コチョウゲンボウ チョウゲンボウ
タマシギ チョウゲンボウ バン
イカルチドリ バン タマシギ
シロチドリ タマシギ コチドリ
メダイチドリ イカルチドリ イカルチドリ
ダイゼン シロチドリ メダイチドリ
タゲリ メダイチドリ ダイゼン
トウネン ダイゼン タゲリ
ヒバリシギ タゲリ キョウジョシギ
オジロトウネン トウネン トウネン
ウズラシギ ヒバリシギ ヒバリシギ
サルハマシギ オジロトウネン オジロトウネン
コオバシギ ウズラシギ ウズラシギ
オバシギ サルハマシギ オバシギ
ヘラシギ コオバシギ エリマキシギ
エリマキシギ オバシギ ツルシギ
ツルシギ ヘラシギ コアオアシシギ
コアオアシシギ エリマキシギ アオアシシギ
アオアシシギ ツルシギ クサシギ
クサシギ コアオアシシギ タカブシギ
タカブシギ アオアシシギ キアシシギ
キアシシギ クサシギ イソシギ
イソシギ タカブシギ ソリハシシギ
ソリハシシギ キアシシギ オグロシギ
オグロシギ イソシギ オオソリハシシギ
オオソリハシシギ ソリハシシギ ダイシャクシギ
ダイシャクシギ オグロシギ ホウロクシギ
ホウロクシギ オオソリハシシギ チュウシャクシギ
チュウシャクシギ ダイシャクシギ ヤマシギ
ヤマシギ ホウロクシギ タシギ
タシギ チュウシャクシギ チュウジシギ
チュウジシギ ヤマシギ オオジシギ
オオジシギ タシギ アオシギ
アオシギ チュウジシギ セイタカシギ
セイタカシギ オオジシギ ツバメチドリ
ツバメチドリ アオシギ コアジサシ
コアジサシ セイタカシギ アオバト
アオバト ツバメチドリ ジュウイチ
ジュウイチ コアジサシ カッコウ
カッコウ アオバト ツツドリ
ツツドリ ジュウイチ ホトトギス
ホトトギス カッコウ アオバズク
アオバズク ツツドリ フクロウ
フクロウ ホトトギス アカショウビン
ハリオアマツバメ アオバズク カワセミ
アマツバメ フクロウ アリスイ
アカショウビン ハリオアマツバメ オオアカゲラ
カワセミ アマツバメ タヒバリ
アリスイ アカショウビン サンショウクイ
アオゲラ カワセミ キレンジャク
アカゲラ アリスイ ヒレンジャク
オオアカゲラ アオゲラ カワガラス
ビンズイ アカゲラ ミソサザイ
タヒバリ オオアカゲラ イワヒバリ
サンショウクイ ビンズイ カヤクグリ
カワガラス タヒバリ コマドリ
ミソサザイ サンショウクイ コルリ
イワヒバリ カワガラス ルリビタキ
カヤクグリ ミソサザイ トラツグミ
コマドリ イワヒバリ マミジロ
コルリ カヤクグリ クロツグミ
ルリビタキ コマドリ ヤブサメ
マミジロ コルリ シマセンニュウ
トラツグミ ルリビタキ コヨシキリ
クロツグミ マミジロ オオヨシキリ
ヤブサメ トラツグミ メボソムシクイ
コヨシキリ クロツグミ エゾムシクイ
オオヨシキリ ヤブサメ センダイムシクイ
メボソムシクイ シマセンニュウ キクイタダキ
エゾムシクイ コヨシキリ セッカ
センダイムシクイ オオヨシキリ キビタキ
キクイタダキ メボソムシクイ オオルリ
セッカ エゾムシクイ サメビタキ
キビタキ センダイムシクイ コサメビタキ
オオルリ キクイタダキ サンコウチョウ
サメビタキ セッカ ツリスガラ
コサメビタキ キビタキ ゴジュウカラ
サンコウチョウ オオルリ キバシリ
ツリスガラ サメビタキ ホオアカ
コガラ コサメビタキ ノジコ
ゴジュウカラ サンコウチョウ クロジ
ホオアカ ツリスガラ オオジュリン
ミヤマホオジロ コガラ ハギマシコ
ノジコ ゴジュウカラ オオマシコ
クロジ キバシリ イスカ
オオジュリン ホオアカ ベニマシコ
ハギマシコ ミヤマホオジロ ウソ
オオマシコ ノジコ ニュウナイスズメ
イスカ クロジ コムクドリ
ベニマシコ オオジュリン -
ウソ ハギマシコ -
シメ オオマシコ -
ニュウナイスズメ イスカ -
コムクドリ ベニマシコ -
- ウソ -
- シメ -
- ニュウナイスズメ -
- コムクドリ -
(117種) (121種) (112種)
(4)要注目種
●県内において評価するだけの情報が不足しているため注目することが必要な種
キバシリ キレンジャク -
キレンジャク ヒレンジャク -
ヒレンジャク コクマルガラス -
コクマルガラス - -
(4種) (3種)
(5)分布上重要種
●県内において分布上重要な種
なし なし なし
(6)その他重要種
●全国および近隣府県の状況から県内において注意が必要な種
カイツブリ ヤマドリ ヤマドリ
ヤマドリ コシアカツバメ コシアカツバメ
コシアカツバメ コジュケイ -
コジュケイ - -
(4種) (3種) (2種)
(7)絶滅種
●県内において野生で絶滅したと判断される種
なし なし なし
(8)保全すべき群集・群落・個体群
●県内において保全することが必要な群集・群落・個体群
・生杉ブナ原生林の鳥類群集
・菅山寺の鳥類群集
・朽木いきものふれあいの里
 カツラの谷の鳥類群集
・湖北町水鳥公園の鳥類群集
・西池の鳥類群集
・西の湖を中心とした内湖の
 ヨシ群落の鳥類群集
・松ノ木内湖の鳥類群集
・綿向山のブナ林の鳥類群集
・三島池の鳥類群集
・比叡山の鳥類群集
(9)郷土種
●(1)〜(8)以外で県内で大切にしていきたい種
なし なし

*滋賀県で大切にすべき野生生物「滋賀県レッドデータブック」(滋賀県生きもの総合調査委員会編)(滋賀県環境保全課発行)2000年版.2005年版.2010年版より抜粋しました。詳細はそれぞれのレッドデータブックをご覧下さい。


トップに戻る inserted by FC2 system