トップ


滋賀県野鳥の会入会案内

 どなた様でも入会できます。入会手続きは簡単です、下記の「滋賀県野鳥の会」きまりを一読していただき最寄りの郵便局より入会と明記の上、年会費を振込んで下さい。住所、氏名もお忘れなく!

 なお、御家族様でしたら何人でも一口1500円です。但し探鳥会に参加の場合は各自100円の参加費(傷害保険代)を徴集します。


郵便振替

口座番号   01040-8-8223
加入者氏名  滋賀県野鳥の会

会費(1/1〜12/31)

一般会員  1500円
学生・生徒 1000円


「滋賀県野鳥の会」のきまり


1. この会の名称を「滋賀県野鳥の会」と称し、設立年月日は昭和44年8月31日とする。


2.
 私たちは、琵琶湖やこれをとりまく周囲の山野に生息して、こよなく自然の情緒をかもし出してく れる野鳥を永遠に保護するために、次のことを行ないます。

○野鳥に親しむ会(探鳥会)を定期的に行なう。(ハイキングを兼ねて、鳥の鳴声や種類を知る)

○野烏の観察調査会。(生息数、生態習性などの調査)

○巣箱、エサ台・水のみ場の設置および指導。(学校、自然保護団体と協賛)

○請師、指導者の派遣。(学校、各団体の求めに応じる)

○機関紙、ホームページの作成。

その他、野鳥保議のために必要なこと。

3. 私たちの会は、広い範囲から会員になっていただくため、次のように入会者を分けています。

A: 普通会員
 ア 会費年額1,500円を前納する。
 イ 学生、生徒は1,000円を前納する。
   ただし、学生、生徒の団体は一口として加入することができます。

B :名誉会員(本会に特別の貢献をし、役員の推薦に基づき、会長からの名誉会員としての要請を受諾したもの)

C: 賛助会員(後援される個人または団体)会員は、この会が開催する諸行事に参加できます。

4. 入会は、氏名(ふりがな)、住所(学生は在校名および学年、団体加入の場合は代表者名会員数)年令を明記のうえ会費をそえて、事務局へ申込んでください。

附記
1:この会の事務局を会長宅におきます。

2:この会を運営していくため、会長、運営委員、事務局などの役員や、その任期などの細部規則は別に「滋賀県野鳥の会運営規則」を作っています。



「滋賀県野鳥の会運営規則」

1. 役員
この会を運営していくために、次の役員をおく。
(1)会長1名、副会長2名、運営委員、事務局員それぞれ若干名をおく。
(2)会長は、本会を代表するものとし、運営委員の推せんによる。
(3)副会長、運営委員は会長を補佐するものとし、会長が委嘱する。
(4)事務局員は、本会の会務を処理するものとし、運営委員の協議に基づいて会長が委嘱する。

2. 役員の任務
(1)会の指導方針の確定
(2)行事計画の立案、指導
(3)一般経理
(4)渉外、編集
(5)その他必要な事項

3. 役員の任期
本会役員の任期は2年とし、再任をさまたげない。

4. 役員会および議決
(1)役員会は、必要に応じ適時行なうものとし、会長が召集する。
(2)本会の議決は、役員会とし、役員総数の1/2の出席をもって決する。

5. この会の、会計年度は、1月1日〜12月31日までとする。


トップ

inserted by FC2 system