トップ探鳥会案内フォトギャラリー 探鳥会報告情報ひろばマイ・フィールド




<<1月〜8月へ>>

 12月19日に草津市の池でトモエガモと出会いました。雄が1羽と雌3羽の群れで行動していました。

 雄は顔の巴模様が十分な鮮やかさになっていないことと幼羽が見られるので、
第1回生殖羽に換羽途中と思われます。この男の子も新年になればもっと美しく成長すると思われます。

 雌は嘴基部の目立つ白斑が識別ポイントで、かわいらしい顔をしていました。
トモエガモの渡来数は比較的少ないので、年末に貴重な写真が撮れて良い年になりました。


 この秋に撮影したマイフィールドいつもの場所の、いつもの住人さんをお送りします。

 カルガモ 荒ぶる姿をはじめて見ました。
 キンクロハジロ 水面に紅葉が映り、シックな色合いになりました。
 シジュウカラ まさに「小春日和」でした。
 トビ 猛禽類のシブさを再認識しました。


 11月11日遂に大津地域の公園にもミヤマホオジロが渡来してくれました。
小枝から地上に降り餌をついばしむ所を「パチリ」するも一瞬で飛び去りました。5羽±の群れでしたがこれから増え安定してくれる事を祈る。その後周辺を探すもアオジ10±の群れが移動する姿が、シロハラは鳴き声・アカゲラがドラミングの音が聞こえるも姿見せず次回に期待して・・・・。

 その他、最近撮った鳥達(キジバト幼鳥、キジ、チョウゲンボウ)


 私の大好きな野洲湖岸に11月7日に行くと、遂にカモメ(3±)が渡来してくれました。
湖岸沿いは雑草の草刈りが最近実施され見通しが良くなりましたがカモメにすると人や車の動きが気になり今後は安定して飛来するか未知数です。

 上右の写真は被写体が遠く鮮明に撮れずカモメ・セグロカモメで悩みましたが嘴の形状及び嘴が緩やかに下に曲がっていてカモメ(幼鳥)としました。(何時まで経っても素人三昧で自信ありませんが・・・)


 イソシギ(10/11 守山市)
 サンコウチョウ(10/11 守山市)


 タシギ(10/15 野洲市)

 カイツブリ(10/18 守山市)  バン(10/18 守山市)

 ハマシギ(10/22 草津市)
 コアオアシシギ(10/22 草津市)

 アオサギ(10/24 草津市)  イカルチドリ(10/24 草津市)
 亜種ホオジロハクセキレイ(10/24 草津市)

 アリスイ(10/26) 
 鳥友の(Y・A・T)さんにアリスイの情報を受け鳥日和を狙って10月26日近くの河川敷に行って来ました。日の出前に到着して車内で待機していると5分後に鳴き声が慌てて機材を取出しポイントに、暗くて探すのに苦労しましたが見付ける事が出来「パチリ・パチリ」以後1時間 草木から地上に移動を頻繁に繰り返し姿・鳴き声が聞こえましたが7:19以後は鳴き声がしなくなり1時間位まで待機して探しましたが鳴き声も見付けることも出来ませんでした。もしかしてこの場所は塒としているのではと思いながら観察を終了しました。
鳥友のお蔭で堪能する写真が撮れました、感謝感激有難うございました。



 コスモス畑でノビタキを撮ってきました。それと最近マイフィールドでキビタキとアリスイが撮れましたのでそれも合わせ送ります。
 ノビタキ(野鶲)

 キビタキ(黄鶲)

 アリスイ(蟻吸)


台風16号で記録的な強風や大雨が過ぎ去った20日 迷い込んだ旅鳥を探しに琵琶湖の湖南地区の湖岸沿いに行って来ました。

河口の浅瀬で休養しているアオアシシギ1羽を発見

 
しばらくするとハジロカイツブリが浅瀬に居るアオアシシギに接近すると、警戒したのか
アオアシシギが毛並みを立てるも(下写真右)ハジロカイツブリはゆっくり遠ざかる。

 今度は2分後にクサシギがアオアシシギの近くに接近、シギ科の仲間で2羽が仲良く遊び、しばらくするとクサシギが泳いで遠ざかる。

他の河口に移動するとアオアシシギ12羽の群れが


 帰り道 走行する前方を通過するチュウシャクシギを発見して近くの駐車
場に停車して探していると農水路の土手で餌探しをしている所を見付ける
 
いよいよ湖南地区にもシギ・チドリ類のシーズン到来か、今回は珍しい光景を拝見でき満足して帰宅。



トップ探鳥会案内フォトギャラリー 探鳥会報告情報ひろばマイ・フィールド
inserted by FC2 system